取り扱い作家

取り扱い作家 > 国内現存作家 > 井上悟

井上悟
Satoru Inoue

画廊に問い合わせる

作品

プロフィール

1931 東京都生まれ。
1958 東京芸術大学美術学部油画科卒業。
     国画会展に初出品
1959 国画会展に出品、新人賞受賞。
1960 東京芸術大学美術専攻科油画専攻修了。
     大橋賞受賞。
1963 国画会会員に推挙。
1973 毎日新聞夕刊連載小説「一家の主」(吉村昭作)の挿絵担当。
1974 「一家の主」挿絵原画展開催。
     安井賞展に出品、佳作賞受賞。
1977 武蔵野女子大学(現武蔵野大学)教授となる。
     国際形象展(〜86)に出品。
1978 具象現代展(〜83)に出品。
1979 太陽展、日動展(〜2006)、明日への具象展(〜84)、世田谷美術展(〜2006)などに出品。
1980 読売新聞朝刊連載小説「光る壁画」(吉村昭作)の挿絵担当。
1981 日本秀作美術展(〜85)に出品。
1982 世田谷区立玉川地区会館にガラスモザイクによる壁画制作。
1987 現代の裸婦展出品。
1989 日動画廊本展にて個展。
2005 紺綬褒章受章。
2006 日動画廊本展にて個展。
2010 笠間日動美術館、日動画廊本展にて個展
作品収蔵:東京都現代美術館、栃木県立美術館、世田谷美術館、大分県立芸術会館、岐阜県美術館、豊橋市美術博物館、刈谷市美術館、高浜市やきものの里かわら美術館、世田谷区立東玉川地区会館。
『くらしのなかの美学』ほか著作多数刊行。
現在:国画会会員、武蔵野大学名誉教授。

展覧会

2015 のりもの展(日動画廊/東京)

©Gallery Nichido