取り扱い作家

取り扱い作家 > 国内物故作家 > 小山敬三

小山敬三
Keizo Koyama

画廊に問い合わせる

作品

プロフィール

1897 長野県小諸に生まれる
1916 慶應義塾大学を中退
               川端画学校で藤島武二に師事
1918 二科展に《卓上草花園》など初入選
               再興日本美術院展に《小牛遊ぶ大島の海岸》など初入選
1920 島崎藤村のすすめで渡仏。
               パリのアカデミー・コラロッシュでシャルル・ゲランに師事し油絵を学ぶ
1922 サロン・ドートンヌで《並木道の冬》が初入選。
               マリー・ルイズ・ド・モントルイユと結婚
1926 サロン・ドートンヌ会員に推される
1927 パリで初個展、《カスティヤの丘》がフランス政府買い上げ
1928 帰国
1929 茅ヶ崎にアトリエを建てる
1932 渡欧近作個展を大阪三越で開催。島崎藤村が図録に序文をよせる
1936 二科会を退会
               石島生馬、石井柏亭、木下孝則、木下義謙、硲伊之助、安井曽太郎、山下新太   郎等と一水会を創立
1937 第1回一水会展に《曇日(ノルマンディー)》他2点を出品
               再び渡仏
1947 第1回美術団体連合展に《浅間山》を出品
1949 初の日展審査員を委嘱
1950 ヴォラール著『画商の思い出』を翻訳出版
1956 日本橋三越で画業30年展を開催
1958 日展の評議員となる
1959 白鷺城の連作で日本芸術院賞受賞
1960 日本芸術院会員、日展理事
1970 文化功労者として顕彰される
1971 小諸市名誉市民となる
1975 文化勲章受章
               小諸市立小山敬三美術館を建設、作品と共に小諸市に寄贈
               日本橋三越で画業60年展を開催
1976 茅ケ崎市名誉市民となる
1982 新高輪プリンスホテルに壁画《紅浅間》完成
1985 小山敬三美術振興財団設立
               小山敬三記念賞による画家の顕彰と、油彩画修復技術家の留学奨励
1986 私財を投じ財団法人小山敬三美術振興財団を設立
1987 神奈川県茅ヶ崎で逝去。享年89歳

展覧会

2014 安井曾太郎・小山敬三を囲む新春展 〜一水会の作家たち〜

©Gallery Nichido