取り扱い作家

取り扱い作家 > 国内物故作家 > 向井潤吉

向井潤吉
Junkichi Mukai

画廊に問い合わせる

作品

プロフィール

1901 宮大工の才吉、津彌の長男として京都市下京区に生まれる
1914 京都市立美術工芸学校予科に入学する
1916 関西美術院に学び、人物のデッサン・油彩画の基礎を学ぶ
1920 家に無断で上京し、新聞配達で生計をたてながら、川端画学校に通う。
               第7回二科会展に《八月の鉢》が入選。京都に帰る。
1927 シベリア鉄道で渡欧する。
               ルーブル美術館で摸写に没頭し、技法、表現の研究を重ねる
               パリのグラン・ショーミエールに学ぶ
1928 サロン・ドートンヌに出品
1930 帰国。浦宗静枝と結婚し上京する
               第17回二科会展に滞欧作を特別出品し、樗牛賞を受ける
1933 世田谷区弦巻にアトリエを構え、以降、制作の拠点とする
1937 陸軍報道班員として、戦争記録画の制作に従事する
1945 行動美術協会を創立。ライフワークとなる民家シリーズの制作が始まる
1959 渡欧。ヨーロッパ各地を旅行する
1961 アトリエを不審火で消失。貴重な作品、資料を失う
1962 住まいを兼ねたアトリエを再建(現在の世田谷美術館分館向井潤吉アトリエ館)
1966 訪中日本代表団の一員として、北京、上海、蘇州などをめぐる
1974 画業60年記念 向井潤吉環流展を開催
1982 世田谷区名誉区民となる
1993 向井潤吉アトリエ館開館
1995 急性肺炎で、自宅において逝去
               アトリエ館において"お別れの会"を行う。

©Gallery Nichido